ハチドリ

「環境」と「経済」と「福祉」の調和を目指した食品廃棄物の『地域内循環サービス』メリーズシステム|メリーゴーランド|「減らす」と「増やす」の地域内循環

竹箸リサイクル

ホーム > 竹箸リサイクル

竹箸「CERES(セレス)」は安全と育成と福祉のメリーゴーランド。

福祉施設などの炭焼窯で竹炭にして野菜の育成にも貢献できる、竹箸のリサイクルシステムが食品残渣のゼロエミッションを支えています。

CERES」は、Clean Environment, REcycling & Safetyの略。リサイクルが可能な、環境に優しい竹箸です。
日本人は年間約250億膳もの割り箸を使用し、そのほとんどを廃棄しています。
この、もったいない現状をなんとかしたい……「CERES」はそんな想いから生まれました。
年間約6,000万膳を全国の飲食店などに供給し、そのうち約6割を回収。
全国16ヵ所の知的障がい者福祉施設などで炭焼きされ、堆肥とともに土へ還ります。
有害な薬剤は一切使っていません。その安全性と環境配慮は高く評価され、
平成20年に開催された北海道洞爺湖サミットのスタッフ用食事に40万膳が採用されました。

竹箸と竹炭の「輪」

「CERES」は、有害成分を一切使わない独自製法で製造した安全な竹箸です。

防カビ剤や防腐剤、漂白剤などの有害成分は使用せず、
安全なミネラル成分で抗カビ処理をしています。
食事するときはもちろん、炭を焼くときも、堆肥化して土に還すときも安全。
人体や地球に悪い影響を与えません。自然な竹の色と香りを
お楽しみいただけます。

竹炭製品


CERES

なぜ、竹なのか。その答えは「育成年数」と「自生力」にあります。

シラカバ、エゾマツ、アスペン(ポプラ)、杉など割り箸の原料として使われる木は、植林してから伐採可能となるまでに30年から70年を要します。
しかし、竹はわずか3、4年で成長します。自生力が強いため、
植林の手間も省けます。また、よい竹林を保つには定期的な伐採が必要。
手入れのために刈った竹を箸にすれば、無駄な伐採がなくなります。

竹伐採


竹炭にすることで、廃棄物ゼロを実現。食品残渣リサイクルにも貢献します。

「CERES」竹箸は、使用後に回収して竹炭にするリサイクル運動により、
廃棄物ゼロを実現しました。竹炭は微生物を着床しリサイクルセンターで
堆肥化されるため、食品残渣リサイクルの一部にもなっています。
堆肥となった竹炭は、農地に必要な「炭素」として貯蓄されます。
その農地で安全・安心な農作物を生産し、資源を循環させるのです。

微生物|竹炭


ページトップへ